スポンサーリンク



#隠蔽体質はいらない!

新型コロナウイルス感染症感染者が日本国内で確認されてから間もなく一年になろうとしていますが、未だに後手後手になっている感染症対策ですし、先頃勃発した東京五輪組織委員会会長だった森喜朗元総理の女性蔑視発言に端を発した会長辞任騒動でも、五輪組織委員会の会長人事に関する対応も非公開で決定後に発表するという従来の隠蔽手法が用いられるとのことです。
もはや日本社会には自浄能力は無いのでしょうか…?

日本国内でも新型コロナウイルス感染症の切り札とされているワクチン接種が間もなく開始されるとのことですが、国からは未だに正確な情報は開示されず、副反応を恐れる国民が多数います。

 

国民が得られる情報の多くは、テレビなどの情報番組などに出演された海外で先行接種された方々からもたらされる情報ばかりで、政府や厚労省からは、まともな情報は、全くと言っていいほど示されていません。

 

タダ、決まっているのは、接種開始日と接種するのもしないのも国民の意思で決定するということだけです。
これも、言ってみれば、国民ひとり一人に責任転嫁するもので、

 

「自分の意思で接種したのだから、
重篤な副反応が出ても文句を言うな。」

 

と言っているに等しいものだと感じます。

 

そもそも、日本国内で行われた治験は、160数名でしかなく、その結果もどこで確認できるのかすら発表されていないのですから、私たちに確認する術はありません。

 

政治家は、このような治験には一切参加せず、国民をモルモットにして、ある程度接種が進んで安全性が確認されてから接種するつもりなんでしょう。

 

こんな時こそ、政治家の特権意識を発揮して、誰よりも早く接種して、国民に安全性を示すべきなんじゃないですかね。
普段か使途不明な歳費を受取ってるんですから、こんな時くらい身体を張って国民に仕事をしてるとアピールしてほしいものだと私は思いますね。

 

最後の切り札として政府や厚労省は期待してるようですが、このワクチン接種でも問題が発生しているようで、1瓶からとれる接種回数が、先行承認されたアメリカ、ファイザー社のもので、日本政府や厚労省が示していた5回ではなく6回分だということが今頃になって発表され、大問題になっています。

 

ファイザーから供給されるとしていた7200万回分としていたものが、単純計算で1200万回分少なくなって、6000万回分になってしまうんですから、忌々しき問題です。

 

日本国民全体で約1億3千万人として計算すると2回接種が原則なので、2億6千万回分のワクチンが必要になりますよね。
その計算で、契約していたものが、製薬会社の言うがままに押し切られたとするならば、これは日本政府や契約に携わった担当者の大失態だと言えるでしょう。

 

仮に、このままなら、不足分を調達するために更なる巨額出費を強いられることになるのは、見えていますが、この失態について誰が責任者だったのかの公表も今の日本政府では、しないんでしょう。

 

まさに隠蔽体質の闇の中に紛れて、真相は国民の知る由もないことになってしまって、有耶無耶にされてしまうのだけは避けなくてはならないと思います。

 

この隠蔽体質に関しては、政府や官僚組織だけでなく、五輪組織委員会でもまかり通っているようで、森喜朗元総理が組織委員会会長を女性蔑視発言問題で辞任したことに伴う後任人事の決定プロセスを
「すべて非公開にする。」
としました。

 

こちらでも、密室による隠蔽会議が行われて、国民の知らないところで、数人による決定だけで、後から押し付けられてしまうようです。

 

「このメンバーの半数近くは女性だ」
、としていますが、メンバーの名簿もすべてが決定するまで公表しないとしていますので、私たちに知る術はありません。
果たして、こんな決定方法で、国民は納得して五輪に協力するでしょうか?

 

今でも中止や延期すべきと考える人が過半数に達しているのに、世界中に日本の恥をさらした五輪組織委員会のこの決定方法が妥当なのか甚だ疑問です。

 

なぜ、日本国民が否応なく資金拠出させられている五輪組織委員会の人事決定プロセスを非公開にして隠蔽する必要があるのか、全く理解できません。

 

やはり裏で、大きな利権が絡むことだけに、
【コソコソと決めなくちゃならないのか】
と勘繰ってしまいます。

 

このほかにも、菅元官房長官の息子と癒着していた総務省の接待問題等々、政府関連疑惑は、前安倍晋三政権から、何一つ解決されることなく今も面々と受け継がれ、もはやブラックボックスも満杯になるんじゃないかと、要らぬ心配をするほど、ここ数年の政府対応は酷すぎます。

 

それでも、自公政権が続く要因として、立憲民主に集結した烏合の衆に成り下がった野党の不甲斐なさが挙げられます。

 

最近の立憲民主の主張は、ごもっともですが、理想論ばかりで実現性の低いものばかりで、主張を聞く限り共産党とあまり違いを感じません。

 

まあ、細かく内容を見れば、多少の違いはあるんでしょうが、全く期待していない政党の主張など読んでる時間があったら、今のコロナ過を生き抜くことに全集中するほうが大切ですから、みんな余裕が無いので、今は大きな声になっていないだけだと思います。

 

しかし、日本国内に暮らすミャンマーの方々が、祖国で勃発した軍のクーデターに対して、国外からでも声を上げているのを見ると、私たちは自分の国のことなのにあまりにも無関心すぎると帆船しなくてはなりませんね。

 

まずは、五輪組織委員会が世界中に誤解を与えた、男尊女卑問題の汚名返上のために日本人の中から大きな声を上げて、社会に蔓延した隠蔽体質的な社会を変える声を上げましょう。
(`□´)

 

(`□´) #隠蔽体質はいらない!


スポンサーリンク

 



このサイトは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。