スポンサーリンク



熱中症 迫りくる命の危険!

日本全国で梅雨明けと共に連日30度越えの真夏日が続くようになり、みなさんウンザリされていると思いますが、これからお盆に向かって、さらに気温が高くなり、連日35度越えの酷暑となるところが続出すると気象庁は、熱中症への警戒を呼び掛けています。

 

ここまで気温が上がると風通しのいい室内に居ても熱中症の危険性が高まりますので、室温や湿度に注意して、適切にエアコンを使うようにしないと、室内で熱中症になってしまうことになり、一人暮らしならそのまま死亡するリスクも考えなくてはならないほど、危険なレベルだと思います。

今年は、春先から続く新型コロナウイルス感染症で、外出時にはマスクの着用が呼びかけられ、多くの方が炎天下でもマスクを着けて生活されていますが、マスクをしていることで、体内の熱を放出しずらくなって、より熱中症のリスクが高くなる傾向がみられるようなので、厚労省では、屋外で人が少ない時は、マスクを外すことを推奨するようになり、最近は、屋外でマスクを外している人をチラホラ見かけるようになりましたが、圧倒的に少数で、今でも多くの方がマスクを着用しているように思います。

 

新型コロナウイルス感染がクラスターレベルから市中感染レベルへと一段フェーズが変わってきていることはみなさん感じていると思います。

 

最近は、一時よく言われていた新宿歌舞伎町のような夜の歓楽街での感染者だけでなく家庭内や職場、また、感染経路が思い当たらない方も多くなってきて、もはやクラスター潰しだけでは対応できないような状況になりつつあるのだと感じています。

 

そんな中、家庭内感染が拡がれば、療養施設への入所が決まるまで、感染者を家庭内で隔離しなくてはならず、家庭内でも除菌作業を頻繁に行わなくなりますし、時には家庭内であってもマスクを着用しなくてはならない状況も考えなくてはならず、室内での熱中症リスクが高まる危険性もあると考えなくてはならないでしょう。

 

そんな状況を考えても、エアコンの役割が重要だと思います。

 

すでに、多くの方が適切にエアコンを活用されていると思いますが、新型コロナウイルス感染拡大で、仕事量が減り、収入が激減した家庭では、節約のためエアコンの使用を控える向きもあるようですし、この夏にエアコンをつけるという家庭もあるでしょうし、古いエアコンを新しくしようと考えているご家庭もあるんじゃないでしょうか。

 

しかし、すでにエアコンは品薄状態になりつつあり、今注文しても欲しかった機種が品切れになっている可能性も考えられます。
さらに、梅雨明けと共に一気に気温が上がったことで、取付件数が急増して、取付までの日数も相当長くなってきているというのが現状ですから、仮に家電量販店でエアコン本体を購入したとしても、取付に1週間以上かかると考えておく必要があるでしょう。

 

仮にエアコンの無い部屋やエアコンが故障して買換えたような部屋では、取付までの1週間以上、エアコンなしの状態が続くと覚悟ししなくてはならないでしょう。

 

そんな時、自分でエアコンの取付ができたら、本体を自宅に配送してもらうか、車に載せて持ち帰れば、すぐにエアコンを取付けられるので、暑い中エアコンなしで過ごすことも無くなります。

 

私は、これまで電気工事士としていろんな現場で電気工事を行ってきましたし、業務用から家庭用まで様々なエアコンの取付も行ってきましたので、現場に応じた適切なエアコン設置方法も熟知しているつもりですし、これまで数多く取付けてきたエアコンでガス抜けなど、接地不良に伴うトラブルは、一度もありません。

 

そんな私が、永年にわたって培ってきたエアコン取付技術やひつような工具を紹介したサイトを公開していますので、DIYの一環として、エアコン取付に挑戦しようと思われる方は、一度ご覧ください。

 

エアコン選定から、最終的な運転まで、事細かく注意点などを紹介してありますので、手順通り進めていただければ、どなたでもエアコンを取付けられるようになります。

 

こんな偉そうなことを書いている私だって、電気工事士としてエアコンの取付を勉強するまでは、今ご覧のみなさんと同じ素人だったのですから、その私がエアコン取付の解説サイトまで公開するようになっているんですから、手順さえ間違わなければ、誰だってエアコンを取付けられるというのもあながち嘘じゃないということがご理解いただけるんじゃないでしょうか?

 

それに、一度覚えたものは、中々忘れないのが人間ですから、今後幾度となく使える技術になると思いますので、永い目で見てもやる価値はあると思いませんか。
(^^)

 

まず最初は、どんなkん時の流れなのかを見るだけでも参考になると思いますので、一度ご覧ください。

 

エアコン取付を自分でする方法

 


スポンサーリンク

 



このサイトは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。