スポンサーリンク



家庭でできる冬の節電対策

家庭でできるこの冬の簡単な節電方法をまとめてみました。

 

でんき予報の発表と共に、各電力会社からの節電要請もなされていますが、
「何をどうすればいいのか解らない」
という方のために、簡単な家庭でできる節電方法をご紹介しておきます。

 

ちょっとした心掛けで家庭内での節電は可能です。
下記にあげる節電方法を参考に、みなさんで取り組んでみてください。

 

節電効果で、電気料金も下がってお得感を味わえますよ。
(o^―^o)ニコ

(下記内容は、節電要請時間6時〜9時(関西電力)の目安です)

 

節電率
*エアコン* 家庭で一番多く電気を使用するのはエアコンです
7%
  • >重ね着などで室温20℃を心掛ける

    (着るブランケットなどを活用するのも一案です)

  • 窓には厚手のカーテンを

    (窓から侵入する冷気を遮断する)

*照明器具* 意外に多い電気の使用量
4%
  • 不要な照明はこまめに消す
*テレビ* いくら省エネといっても・・・
2%
  • 画面の輝度を下げる
  • 見ないテレビは消す
*冷蔵庫* ちょっとした心がけで節電
1%
  • 冬季は設定を「弱」にする

    (食品管理にはご注意を)

  • 扉の開閉時間を減らす
  • 庫内いっぱいに物を詰め込まない
*炊飯器* 寝る前の準備で節電
1%
  • タイマー機能を利用してまとめ炊きする

    (一日分をまとめ炊きします)

  • 保温機能は使用せず冷蔵庫で保存

    (電子レンジで暖めて節電)

*温水洗浄便座* 少しの我慢で節電
1%弱
  • 便座・温水の設定温度を下げる
  • 不使用時は蓋を閉める

    (便座の保温効果が上ります)

*待機電力* こまめに節電
1%
  • 本体主電源で消す

    (リモコン使用だと待機電力がかかります)

  • 使用しない機器のプラグを抜く

この内容は、あくまで目安ですから、エアコンの電気使用量が多いからといって、家族みんなが揃うリビングなどでは、全員が暖まるためにはエアコンを活用するほうが、他の暖房器具(オイルヒーター・電気ストーブ・電気カーペット等)を使用するより割安で、節電効果と快適さを得ることができますから、節電!節電!といっても、
シーンに合わせた節電を心掛けるようにしましょう。
(^-^)/

 

今現在の総電力使用量を確認して節電意識を高めてください。


スポンサーリンク

 



このサイトは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。