スポンサーリンク



本年度上期第二種電気工事士技能試験会場発表

今年は新型コロナウイルス感染拡大で上期筆記試験が中止になり、上期の技能試験は筆記試験免除者のみ対象となりましたが、来る7月18日・19日の土日に実施されることになっています。
上期技能試験実施に伴いまして、試験センターより各地の試験会場が発表されましたのでお知らせいたします。

本年度の上期筆記試験は、新型コロナウイルス感染に伴う緊急事態宣言発令で中止となり、今回開催される上期技能試験は、筆記試験免除者のみを対象としたものになりましたが、予定通り開催されることが決まって、その期日も近づいてきたことから、試験センターより各地で実施される技能試験の会場が発表されましたので、みなさんにお知らせするとともに、事前にみなさんの受けられる試験会場までのルートや公共交通機関などを確認していただき、試験当日に開始時間に遅れないよう準備していただきたいとお思います。

 

また、試験実施日までは、しっかり練習して工具の使い方などをしっかり身に付けていただきたいと思います。
試験当日は、試験官の前で出された課題に沿って配線や結線などを行わなくてはならず、少なからず緊張すると思いますので、思わぬミスが出るかもしれませんので、ミスが出ても慌てず対処できるようにしておいてくださいね。

 

筆記試験免除者の中には、高校の電気科などで勉強してきた方もいらっしゃるでしょうし、独学で筆記試験を突破された方もいらっしゃると思います。
それぞれ、これまでの努力をむだんにしないよに事前準備と、練習は怠らないでくださいね。
そして、試験当日は万全の体調で臨めるよう体調管理にも気を配ってください。

 

特に今はまだ新型コロナウイルス感染も完全に収束していないので、いつどこで感染するかわからないので、感染リスクの高い所には近づかず、自分でできる感染予防対策を確実に行い、自らの身を守ることを忘れないでください。

 

ひとり一人が感染リスクを下げることで、大切な家族を守ることにもつながりますし、社会に感染を拡大させないことにもつながります。
そのことで、限りある医療資源を無駄に使うことも抑えられますし、医療費の抑制にも寄与することができて、結果的に私たちが支払う医療費も低く抑えることにもつながると考えられますので、しっかりと自分の身を守る努力をしておいてくださいね。

 

技能試験当日に微熱があるとか倦怠感があるなどの体調不良が認められるときは、受験せず医療機関を受診して診断を仰ぐようにしてください。
無理して受験すると、試験会場で感染を広げてしまうことになってしまいかねないので、良識ある判断と行動を心掛けるようにしてくださいね。

 

今は、新型コロナウイルス感染症との共存を余儀なくされているので、これまでのように少しぐらいならということは許されない状況です。

 

体調には十分注意して過ごしていただき、試験当日には万全の体調で臨まれることを願っています。

 

それでは、各地の試験会場を下記リンクページでご確認ください。

 


スポンサーリンク

 



このサイトは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。