スポンサーリンク



まん防は、まん防じゃ!

まん防
新型コロナの変異株が日本国内で確認されてからまだそんなに時間も経っていないというのに、大阪や兵庫県では、爆発的に感染が拡大し始め、大阪府と兵庫県の両知事が『まん延防止等重点措置』いわゆるまん防の発令を要請し、その対象地域とすることが決まって、実際に発令されました。
これについて、政治家から
「まん防と呼ぶのは、如何なものか。」
という人間が出てきました。
しかし、最初に言い出したのは、あなた方であって、それに乗っかったのは、各主要メディアだったはずですが?

竹光の【緊急事態宣言】を解除したかと思ったら、舌の根も乾かないうちに今度は『まん延防止等重点措置』ですか。

 

緊急事態宣言が竹光なら、今度の『まん延防止等重点措置』の鞘の中身は何でしょう?

 

どんなものが出てきても、さほど実効性があるとは思えませんし、実際、一段上の緊急事態宣言下でも人の流れは抑制されることなく、通常と同じ程度か逆に増える地域が有ったりしたのにまん防程度で何が変わるのか甚だ疑問を感じるところですし、
「呼び方が軽い」とか言ってる時点で、政治家の意識の低さを感じますね。

 

ようは、いかに実効性を高めるかが鍵で有って、呼び名をどうこう言ってる場合じゃありません。

 

そんなくだらない意見が政府関係者から出ただけで腰抜けメディアは、こぞってまん防と呼ぶのをやめ、横並びで『まん延防止等重点措置』と言うようになりました。
まるで、戦時中のドラマのように、

 

「大本営発表!」

 

という発意高揚を狙った嘘の発表を繰り返し、国民を死に追いやった時代を思い出してしまい、とても違和感を感じますし、空恐ろしい感覚に囚われるのは、私だけでしょうか?

 

長ったらしい『まん延防止等重点措置』より端的で覚えやすいまん防でいいじゃないですか。
政治家は、こんなくだらない事を一々言うんじゃなくて、もっと実効性があり、多くの国民から指示される施策を講じるのが仕事なんじゃないですか。

 

万人に指示される施策などないんですから、どんな施策を講じたとしても多少の批判はあるでしょうが、今のように何もしないよりましです。

 

そう思えば、映像で見る吉田茂などのかつての政治家には、

 

「俺が責任を取るから、やれ!」

 

という気概がありました。

 

でも今の自民党政治、とくに第二次安倍内閣以降は、

 

「責任は総理である私にある。」

 

と言いつつ、何一つ責任を取ることなく、都合の悪いことは隠蔽し、見られてはまずい文書はサッサと破棄するなど、まさに日本の政治を私物化しているばかりに見えます。

 

責任をとるとは、責任逃れのための隠蔽工作を必死でやるということじゃないんですヨ。

 

現役世代のみならず、まだ生まれてもいないような未来の日本国民の税金まで先食いして、自分たちの利権を守ることばかりに力を注ぐ政治家に果たして意味があるでしょうか?

 

今回の新型コロナの蔓延で見せた政府の体たらくぶりと、決断力の無さ、ピントのずれた施策には、ほんとうにガッカリです。
。(_ _ )) トホホ

 

そして今回の【まん防】呼び方問題も、こんなだらしない政治家の一言に左右され、諂うメディアのだらしなさにもガッカリしました。

 

日頃政権に対して厳しいとされていたメディアですら横並びで、発言があった日以来【まん防】というのをやめ、政治家の言い出した呼び名でしか放送しなくなりました。

 

でも私は、【まん防】と呼ぶのも個人の自由だし、どんなイメージを想像するのも自由だと思うので、今後も『まん延防止等重点措置』のことはまん防と呼ばせてもらいますし、書かせてもいただきます。

 

政治家の言いなりになんかならないぞ!
(`・ー・´)b


スポンサーリンク

 



このサイトは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。