スポンサーリンク



電気工事士お役立ち情報

電気工事士として電気工事を行うにはまず、第一種・第二種電気工事士のいずれかの免状取得が条件になるので、電気工事士として作業するすべての人が電気工事士免状を取得しなくてはなりません。

 

電気工事士は国家資格で、所管官庁は経済産業省になります。
電気工事の中で重大な瑕疵があり、それが原因で電気事故が発生した場合、経済産業省に事故報告書を提出しなくてはなりません。
その後、業務停止や許可の取り消し等の行政処分が下されます。

 

電気が原因と思われる火災等の事故は、毎年相当数発生しています。
沖縄県を代表する首里城の火災も分電盤内での短絡が原因だと思われると発表されたように、ちょっとしたことが原因で大火災を引き起こしたり、地域に影響するような大規模な停電を引き起こすことも考えられ、その影響は社会的にも小さくありません。

 

それだけに、電気を扱うプロとして電気工事士に求められるのは、電気の安定供給と共に最大の責務として、安全に電気を使用できる環境を構築し、維持管理に努めるということが求められています。
ですから電気工事士は、電気の使用方法が変わるのに対応して、常に新しい技術の習得に努めなくてはなりませんし、その特性を熟知して最も安全な工事方法で電気工事を行うことが求めれますので、まずは電気工事士資格取得に向けて頑張っていただきたいと思います。

 

またすでに電気工事士免状を取得されているみなさんは、電気工事に必要な資格の取得に向けて日々努力を怠らないでください。
電気工事のスキルアップに必要ないろんな資格取得のための情報も掲載しますので、ご覧ください。

 

中には他の業種の方でも使える資格もあるので、電気工事以外の業種の方にもご覧いただければと考えています。

 

第一種・第二種電気工事士免状取得に関する試験情報は、電気工事士試験関連情報をご覧ください。

 


スポンサーリンク

 



このサイトは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。