スポンサーリンク



火に油を注ぐGo Toキャンペーン

東京を中心とした首都圏で新規感染者が急増し、沖縄県では米軍基地内で集団感染が確認される事態となり、県内への感染拡大が強く懸念される最中に政府が行おうとしている【Go Toキャンペーン】は、新型コロナウイルス感染拡大の中の炎の中に油を注ぐような愚かな政策ですが、政府はあくまで予定通り実施するとして中止や撤回する意思は、全く無いようです。

【Go Toキャンペーン】実施に対して、一部政府関係者から漏れてきた中に驚くべき声がありました。

 

「始めたことを今更やめられない」

 

という意見です。

 

この考えは、戦前の軍事政権の考え方で、先の大戦中、軍事戦略の中心は航空機に変わっていたのに、古い戦略の戦艦主義の元、巨大戦艦大和を建造し、一度も実戦で活躍することなく海中に沈ませてしまったときも、一度始めた政策は、途中で止められないとして、物資不足の中、国中の貴重な金属をかき集めて、無駄なものを造ってしまったのと同じことを今、【Go Toキャンペーン】という愚策で行おうとしています。

 

Go Toキャンペーン】で人が多く移動するようになれば、当然新型コロナウイルスは日本全国にばら撒かれて、各地で感染者が急増することになり、国内で感染を抑制することはできなくなってしまうでしょう。

 

そのあたりの感染症対策に関して政府は何一つ具体的な施策を打ち出さず、

 

「感染症対策をしっかり行って、旅行してください。」

 

と言うだけで、すべて国民に丸投げ状態で、危険な施策を推し進めようとしています。

 

このサイトでも何度も書かせていただきましたが、この愚策に掛かる費用は1兆7千億円超の巨額な税金です。

 

今、新型コロナウイルス患者を受け入れた各地の医療機関が赤字経営に陥り、医師や看護師の生活基盤である給与カットや夏のボーナス支給停止などが起こって、東京女子医科大病院では、看護師400人が退職の意思を表明する事態まで起こっています。

 

このように国民の命を守ってくれている、各地の医療機関の救済をしっかり行わなくては、今まさに目の前に迫っている新型コロナウイルス感染の再燃の時、すぐに医療崩壊が起こり、国民の命の選別が行われることになり、多くの患者が命を落とすことになるでしょう。

 

一部の専門家の方からは、

 

「10万人以上の感染者が出る。」

 

と言っている方もおられるように、新型コロナウイルスは、手ごわい相手だということを再認識すべきなのですが、政府関係者や霞が関の官僚達の中では、国民感情と乖離した考え方が蔓延はびこっているようで、一般人の常識として、今この時期に【Go Toキャンペーン】をやろうなどと思う人は、ごく少数派だと思うんですが、政治家や官僚の中では、『一度始めたものは途中でやめられない。』という考え方が主流のようで、国民の命より自分たちが始めた政策の実行の方を重視しているようです。

 

菅官房長官は北海道での公演では、

 

「今の状況は東京問題と言っても過言ではない。」

 

と発言ししたのに、数日後の官邸での記者会見では、

 

「Go Toキャンペーンの中止も延期も考えていない。」

 

と相反するような発言をしています。

 

菅官房長官の「東京問題」発言に小池東京都知事が

 

「Go Toキャンペーンをこれから行うとしていることとの整合性が取れていない。」

 

と噛付き、

 

「無症状感染者が多く居る中で、感染拡大をいかに防ぐのかは国の問題だ。

 

と両者で責任のなすり合いをしているように見えてしまって、どちらも感染拡大の責任をとろうとしていないのが見え見えです。

 

悪い意味で、この国の政府も政治家も新型コロナウイルス感染が拡大してから終始一貫して無責任の姿勢を貫いています。

 

それだけに我々個人が意識を高く持って、日本社会を守っていかなくてはいけないのだと思います。
ここで思い出すのが麻生財務大臣の「民度が違う」発言ですね。
それだけ自分たちが無能だと言っているようなものですが、私たちは意識を高く保って、東京を中心とした首都圏からの旅行は控えるようにすることがまず第一だと思うし、他の地域から首都圏へ行くのも控えるべきでしょう。

 

また、米軍基地で感染拡大が確認された沖縄県では、基地外に居住している軍属と呼ばれる人や米軍基地内で働く県民も多く、それら関係者すべてを早急に検査することなど、今の日本政府では絶対無理なので、沖縄県内で感染するリスクもかなり高まったと言わざる負えないところですから、サマーバケーションの地として沖縄へ行こうと思っていた人も、感染リスクを考えて、今一度旅行へ行くことを考え直してください。

 

多少の感染リスクがあるのは仕方ないことですが、あえて感染者が多く出ている地域への移動や感染者が多く出ている地域から他の地域へ移動することはないと考えるのが普通だと思いますね。

 

このまま感染予防対策をとらなかったら、ごく近い将来に感染爆発が起こる可能性は極めて高いと考えられます。

 

賢明な日本国民は、政府や官僚の考える愚策に乗ずることなく、賢明な判断で感染拡大の抑止に努めていただきたいと思います。

 

今慌てて、出掛けなくても気軽にPCR検査やそれに準ずるスマートランプ法による検査体制が整い、誰もが気軽に検査を受け、
「自分は感染していない」ということを確認してから安心して旅行できるようになると思うし、そうなってから出掛けるほうが、気楽に出掛けることができて思う存分楽しめると思うので、今しばらくは旅行など不要不急の移動は控えていただきたいですね。

 

みなさん、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するために、自身で戒めて、自分の行動に責任をもっていきましょう。


スポンサーリンク

 



このサイトは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。